歯医者の道具

自由診療

自由診療

自由診療(自費診療)とは、健康保険等の公的な医療保険制度が適用とならない全額自己負担の診療のことを指します。「ホワイトニング」等様々な治療があります。詳しくはご相談ください。

 

被せ物

セラミックを使用した治療

ジルコニアボンド

ジルコニア(強度の強いセラミック)のフレームに、自然な歯の色を出せるセラミック

強度

  • 耐久性が高い​​

  • かむ力、歯ぎしりが強い人は表面のセラミックがかける可能性がある (マウスピースで予防は可能)

  • 対応できる歯の色の種類が多い

  • 変色がない

  • 金属を使わないのできれいな色が出せる

その他

  • 劣化が少ない(滑沢な表面を維持)ので汚れがついても落としやすい

  • 金属アレルギーを起こすことがない

費用:1歯 104500円(税込み)

※型取りと被せ物を含めた費用です

ジルコニア

強度の強いセラミックの被せもの

強度

  • 耐久性が高い

  • かむ力、歯ぎしりが強い人でも欠けることが少ない


  • 白い被せもの

  • 変色がない

  • 色の種類が少なく、他の自分の歯に合わせることが難しい


その他

  • 劣化が少ないので汚れがついても落としやすい

  • 金属アレルギーを起こすことがない

費用:1歯 88000円(税込み)

※型取りと被せ物を含めた費用です

メタルボンド

金属のフレームに自然な歯の色を出せるセラミックを覆った被せもの

強度

  • 耐久性が高い

  • かむ力、歯ぎしりが強い人は表面のセラミックがかける可能性がある

  • (マウスピースで予防は可能)


  • 対応できる歯の色の種類が多い

  • 変色がない

  • フレームに金属を使うので色が暗くなりやすい


その他

  • 表面のセラミックの部分は劣化が少なく汚れがついても落としやすい

  • イオン化した金属が歯茎に沈着する(歯の際の歯茎が黒っぽくなる)可能性がある

費用:1歯 88000円(税込み)

※型取りと被せ物を含めた費用です

e-maxクラウン(被せ物)

セラミックの被せ物

強度

  • すり減りは少ない

  • 強い力には弱い(適応できる歯が限定される)


  • 対応できる歯の色の種類が多い

  • 変色がない

  • 中の土台の色に影響を受ける


その他

  • 劣化が少ないので汚れがついても落としやすい

  • 金属アレルギーを起こすことがない

費用:1歯 93500円(税込み)

※型取りと被せ物を含めた費用です

治療歯数1、2歯の場合
むし歯の治療、歯の根の治療終了後から
治療回数:3、4回
治療期間:3~4週間

※治療する歯の本数が多い場合、仮歯でのかみ合わせ、形態の確認等で治療回数、期間が増えます。

e-maxインレー(詰め物)

セラミックの詰め物

  • 白い詰め物

  • 金属アレルギーの心配がない

  • 型を取って模型の上で作るので歯との適合が良い

  • 接着するセメントの劣化が少ない

  • 虫歯の大きさ、残ってる歯の量によっては治療を選択できない

  • 強度を確保するための厚み分、ある程度歯を削る必要がある

費用:1歯 38500円(税込み)

むし歯を除去した後から
治療回数:2回
治療期間:1~2週間

 

入れ歯

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯の金具(金属)の部分がきになるという方に

<片側>
費用:110000円(税込み)

※型取りと入れ歯を含めた費用です

治療回数:2、3回
治療期間:2~3週間

<両側>
費用:220000円(税込み)

※型取りと入れ歯を含めた費用です

治療回数:3、4回
治療期間:3~4週間

  • 治療期間、回数は入れ歯の完成までの期間です。

  • 入歯をお渡しした後、使用中にあたりが強く痛む場所が出てくる場合があるので調整が数回必要になります。

  • 破損した場合、修理できますが破損度合いによっては再制作となります。

  • 入れ歯を支えるため、一部見えにくい所に金属を使用します。

  • 金属アレルギーがある方は使用できません

金属床義歯

​保険診療ではプラスチックで作る所を金属を使うことで丈夫で薄く違和感の少ない入れ歯へ

総義歯
費用:片顎 275000円(税込み)

※型取りと入れ歯を含めた費用です

治療回数:5、6回
治療期間:1か月半

部分入れ歯

<両側>
費用:220000円(税込み)

※型取りと入れ歯を含めた費用です

 

治療回数:3、4回
治療期間:3~4週間

<片側>
費用:110000円(税込み)

※型取りと入れ歯を含めた費用です

 

治療回数:2、3回
治療期間:2~3週間

  • 治療期間、回数は入れ歯の完成までの期間です。

  • 入歯をお渡しした後、使用中にあたりが強く痛む場所が出てくる場合があるので、調整が数回必要になります。

  • 歯並びを確認する工程が入りますが、確認した後、入歯完成後に歯並びの変更はできませんのでご了承ください。

  • 破損した場合、修理できますが破損度合いによっては再制作となります。

  • 金属アレルギーがある方は使用できません

 

ホワイトニング

ホワイトニング前
ホワイトニング前
ホワイトニング後
ホワイトニング後
表再1

ホワイトニングとは

オフィスホワイトニング(歯科医院で行うホワイトニング)

費用:22,000円 税込み(初回)、19,800円 税込み(2回目以降)

​ ※1回目に行ったホワイトニング薬剤が残っている場合、2回目の費用は8,800円(1回目から10日以内に実施)

施術時間:院内で約1時間

ホワイトニング効果:すぐに効果が表れる

​治療回数:2回(1.処置、2.確認)

歯面にホワイトニングジェルを塗布し、光を照射することで有効成分の過酸化水素からヒドロキシラジカルが生成します。ヒドロキシラジカルが歯(エナメル質)に浸透し、歯の中の着色物質を分解します。歯の黄ばみの原因となっている着色物質のみを分解することで自然な歯の白さが得られます。

ホワイトニングメカニズム

当院ではオフィスホワイトニング中の唇、歯茎の乾燥を防ぐために保湿美容液成分を含んだ保護シートを使用し、ホワイトニング後の唇や歯茎の痛みを防ぎます。

ホワイトニングとは

ホームホワイトニング(ご自宅で行うホワイトニング)

費用:27,500円 税込み(初回セット、薬剤4本)、2,200円 税込み(薬剤のみ1本)​

施術時間:ご自宅で1日2時間以内、2週間程

ホワイトニング効果:徐々に効果が表れる

​治療回数:3回(1.型取り、2.マウスピースと薬剤のお渡し、3.確認)

デュアルホワイトニング(オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用)

費用:44,000円​ 税込み

施術時間:院内で1時間、ご自宅で1日2時間以内、2週間程

ホワイトニング効果:より高い効果が得られ後戻りもしにくい

​治療回数:3回(1.型取り、2.オフィスホワイトニング処理とマウスピースと薬剤のお渡し、3.確認)

注意事項

・変色原因物質の種類及び存在個所に個人差があるため、得られる漂白効果には個人差があります

・一時的に歯面の着色は改善されますが恒久的なものではありません。

・治療中、治療後に知覚過敏の症状が出る場合があります。

・既に処置された充填物や補綴物(被せ物)には漂白効果がないため、漂白された歯と色調が合わなくなる場合があります。

ホワイトニングによる歯へのダメージについて

歯(エナメル質)はpH値5.5以下から脱灰(だっかい:歯が溶け出すこと)が起きますが、当院のホワイトニングジェルはpH値約6なので歯が脱灰する心配はありません。

~歯科医院と美容サロンでのホワイトニングの違い~

最近では、歯科医院以外でも多くの美容サロンで低価格でホワイトニングが行えるようになりました。

しかし、歯科医院と美容サロンで行うホワイトニングには違いがあります。

・歯科医院の場合

美容サロンに比べ高額になる。

お口の中をよく確認し、むし歯などがないかチェックします。必要があれば先に治療を行う説明をします。

ホワイトニング薬剤を塗布する前に歯の清掃を行い、薬剤がしっかり作用するようにします。

薬剤が歯の内部(エナメル質)に浸透し着色物質を分解するので、高い漂白効果が期待できます。

ホームホワイトニング用のマウスピースが作製できます。

こんな人におすすめ

より高い漂白効果を得たい方

しばらく歯医者に行っておらず、歯の状態を自分で把握できていない方

美容サロンの場合

比較的低価格で行える

ポリリン酸ナトリウムを使用している。(歯科医院で使用している薬剤は使用できない)

ポリリン酸ナトリウムは歯の表層の着色物質を浮かし除去することで歯の白さが得られる。

歯の中に浸透しないので知覚過敏の症状は起きにくいですが、歯の内部の着色物質を除去できません。

歯科医師、歯科衛生士の資格がないと患者さんのお口の中に触れることはできないので、自分で薬剤を塗ることになります。

こんな人におすすめ

知覚過敏など痛みが心配な方

むし歯等がなく歯が健康で歯の状態を自分で把握できている方

漂白効果より安く済ませたい方